店内販促の効果

効果の事例

 ある健康ランドでは、脱衣所ロッカーの付近に生ビールのポスターを貼ったところ、
ビールの売上が劇的にあがったそうです。一方、お寿司屋さんは店頭に生がきのタペストリーを掲げたら、連日品切れになるほどオーダーが殺到した等、オペレーション上やなるべく早く商品をさばきたいものをピンポイントで販促したら成功した例です。
 今までもポスター等で店内販促をされた方も非常に多いと思いますが、せっかく良い物を作っても使用法を間違うと景観を損ねたり、景色化してしまうだけに終わってしまいがちです。目的をはっきりさせ、効果を確実にするためにも入念な計画が必要です。

その入念な計画を打ち出すための4W2Hです。

成功を確実にするための4W2Hを考える

WHO・WHAT・WHERE・WHEN・HOW・HOW MACH

この4W2Hをお客様と言葉を交わすことで、問題を相互に解決し成功へと導くのです。

見せるポスター・読ませる卓上POP

飲食店開業のパートナー・酒の谷口の販促品例

 店内販促といっても種類は様々ですが、同じ商品でも打ち出し方で効果は変わっていきます。ポスターや短冊は、一目でそれがなんなのかわかるように。シズル感を感じさせるような見せ方で。
卓上に置く販促ツールは、詳細情報を記載し、料理が出てくる間等に訴求できます。